共済ってなに?

共済とは

共済の仕組み

共済とは、民間の保険会社の商品とは異なり「営利を目的とせず」、組合員同士の助け合い(相互扶助)の理念を基に成り立っている団体、保障(補償)を言います。

共済のメリット

年齢や性別で保険料が異なる民間の生命保険と違い、「毎月1,000円で同じ保障」を得られるなど、保険料が安くわかりやすいというメリットがあります。

国民共済や県民共済、都民共済、コープ共済などが有名で郵送書類のやり取りで加入が出来るなどの手軽さも人気の理由です。

また、死亡や病気・ケガ以外にも、火災、賠償責任、自動車などの保障(補償)もあり幅広いラインナップも魅力です。

共済のデメリット

共済にはデメリットもあります。保障(補償)の内容や範囲が民間の保険に比べると狭く、質が落ちることも否めません。

また、交通事故などの保障よりも病気の保障が少ない点も注意が必要です。

60歳以降の保障も少なくなることも事前に確認しておきましょう。年齢を重ねる毎に保障が少なくなることを考慮すると、保障のメインで加入するというよりは他にメインで加入した後に「プラスαで持つ」というくらいで検討することをお勧めします。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ