保険金や給付金が支払われないケース

生命保険に加入をすれば、死亡時や病気やケガで入院や手術をしたときに保険金や給付金を受け取ることができます。

しかし、生命保険には保険金や給付金が支払われないケースがあります。
万が一のときに慌てないためにも、保険加入時や受取の際に確認をしておくことが必要となります。

保険金や給付金が支払われない事例

被保険者の自殺

契約から2年以内の自殺では保険金が支払われないことが約款で決められています。また、この期間については各保険会社で異なりますので注意が必要です。

天災や戦争による死亡

地震や津波などの天災、戦争で死亡した場合には保険金が支払われないことがあります。

飲酒運転や無免許運転での死亡

泥酔状態での運転や無免許運転をして事故を起こし死亡した場合には保険金が支払われないことがあります。

告知義務違反の契約

被保険者が保険加入の際に、病気をしているにも関わらず告知をせずに、その病気が原因で死亡した場合に保険金が支払われないことがあります。
※保険会社によります。

これらが主なケースですが、これ以外にも保険金や給付金が支払われない場合がありますので、各保険会社に確認をしておく必要があります。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ