保険相談を頼みたい信頼できるFPを見分ける3つの方法とFPの種類 | 現役FPたくやの日本一わかりやすい生命保険の選び方

保険相談を頼みたい信頼できるFPを見分ける3つの方法とFPの種類

FP(ファイナンシャルプランナー)とは?

ライフプラン(人生設計)にあわせたマネー計画をたてるためには、金融商品、株式、保険、不動産、税金、年金、住宅ローンなどの幅広い知識が必要となります。

そして、たくさんの金融商品の中から自分に合ったものを選ぶということは簡単なことではありません。

このように、多くの金融商品の中から、あなたの状況に適したプランニングをしたりアドバイスや手助けをするのが、ファイナンシャルプランナー(以下FP)の役割です。

FPの種類

企業FPと独立系FP

FPは大きく分けて2つの種類に分けられます。

企業FP

銀行、証券、生保、損保、不動産会社など企業に所属するFP。会社員という立場上、所属している企業・会社の取り扱う商品を紹介・販売します。

独立系FP

~保険販売中心の独立系タイプ~

乗合代理店や来店型店舗で保険のコンサルティングをしているFP。

数多くの保険会社の商品を取り扱うことで顧客のニーズに合った商品を紹介してくれる。

~相談料が有料のコンサルタントタイプ~

「1時間当たりいくら」と、有料でコンサルティングをするFPで、税理士や社労士など本業の付帯業務としてFP業務を行っている。

~コンサルティングはしない講師、執筆タイプ~

マネーセミナーなどで講師をしたり、コンサルティング本などの執筆を中心に活動するFP。

実際にお客様と面談したり商品を販売したりする経験は少ない。

FP資格の種類

ひとくちにFPと言っても、これだけの種類があります。

日本ファイナンシャル・プランナーズ協会

CFP(Certilied Financial Planner)
CFP資格審査試験(全6科目)に合格すると。ファイナンシャル・プランナーの唯一 の国際ライセンスとして、日本FP協会がCFP資格を認定しています。

AFP(Affiliated Financial Planner)
AFP認定研修の修了かつ、2級FP技能検定(全8科目)「兼AFP資格審査試験」に合格し、資格認定会員として入会することによって、ライセンスが授与される。

社団法人 金融財政事情研究会

一級ファイナンシャル・プランニング技能士
二級ファイナンシャル・プランニング技能士
三級ファイナンシャル・プランニング技能士

技能検定に合格した者に厚生労働省所管の国家資格「ファイナンシャル・プランニング技能士」の称号が付与されます。

社団法人 生命保険協会

トータル・ライフ・コンサルタント(略称TLC
関連知識をより専門的なレベルで修得することにより、真の生命保険ファイナンシャルプランナーの育成を目的とし、生命保険大学課程試験(全6科目)合格者に称号が授与されます。

シニア・ライフ・コンサルタント(略称SLC

専門課程試験で得た知識を活かした応用力・実践力を養成し、ファイナンシャル・プランニング・サービスに必要な全般的知識を修得することを目的としています。応用課程試験合格者に称号が授与されます。

ライフ・コンサルタント(略称LC
専門課程試験合格者に称号が授与されます。

社団法人 金融財政事情研究会

一級DCプランナー
二級DCプランナー
三級DCプランナー

年金制度全般にわたる専門的な知識に加え、投資やライフプランに関する知識までを併せもつ、公共性と専門性を兼ね備えた、「企業年金総合プランナー」です。

担当者にしたい良いFPの見分け方

当サイトでは保険相談は必須であると何度も言っておりますが、安心して自分の保険の見直しやアドバイス・管理をお願いするには良いFPに担当者になってもらうことが重要なポイントになります。

ワンストップで永いお付き合いができるFPとの出会いは当然保険相談の場ということですが、保険の相談をする前に誰しもが思うこと。

それは、「良いFP」に本当に出会えるかどうかということです。

わかりやすく情報量も豊富?
保険の勧誘はしつこくない?
中立公正な立場で相談にのってくれる?
相談者の目線で考えてくれる?

不安はつきません。

ここでは、保険相談前にそんな不安を解消できるように 自分でできる良いFPを見分けるための3つのチェックポイント を挙げてみたいと思います。

実践の場で是非お役立てください。

ポイント1. FP資格の有無

「FPの資格を持っていますか?」

この質問をと最初に聞いてみましょう。

FP資格を持たないでFPを名乗っている相談員は最近は少なくなってきましたが、残念ながらまだいますね。

自分が相談する人がFP資格すら持ってなかったら不安ですよね。

いくら無料相談とは言え、やっぱり相談するんだったら「FP資格を持ったFP」に相談したいですよね。

相談予約の際に「資格あり」を指定するか、出来ない場合は会って最初に質問してみましょう。

そして、どうしても納得できない場合は担当を変更してもらいましょう。

ポイント2. FPはどんな保険に入ってるか質問してみましょう

「あなた(FP)はどこの保険に入っているんですか?」

と聞いてみましょう。

FPが自分で悪い保険に入っているわけがありません。

そして自分自身で保険をしっかりと管理し「いい商品」に入っています。(入っているはずです。)

もしFPが自分で入っている「いい保険」と、それと比べて内容が劣るような保険を勧めたり、「いい保険」を教えてくれなかったりするようなら、そのFPは「公正中立」と言いながら、指定された保険会社の商品を売るように最初から決まっているかもしれません。

保険会社の力関係や販売促進キャンペーン、または代理店および担当者自身の営業数字によって紹介する商品が左右される場合もあるようなので要注意です。

でもそんなものはこちらには関係ありません。

無用な営業に巻き込まれないためにもこの質問は効果的です。

ポイント3. 保険相談紹介サイトの「FP採用情報」をチェックしてみましょう

保険相談サイトには「FPの採用情報」ページがある場合があります。

この採用情報を見れば、その保険相談サイトがどのようなFPを求めているか、どんなFPが在籍するのかがわかります。

例えば、経験についてこんな事が書かれています。

「保険相談やコンサルを5年以上されている方」

こう書かれていれば、この会社には新人FPはいないんだと言う事がわかります。

逆に「業界不問」や「3年以内にFP資格を取る意欲がある方」などと書かれている場合、自分の保険相談に「新人FP」が担当として付く可能性もあります。

せっかく保険相談をするのであれば、「実績のあるFP」に相談したいですよね。

 参考:現役FPが教える、保険の見直し相談で騙されないための5つのポイント

良いFPの見分け方を事前に知っていれば、効果的な質の良い保険相談ができて、保険の見直しや家計の節約などが期待できます。

そしてなにより末永くお付き合いできるFPを見つけ出すことができます。

 あなたの担当は大丈夫?
本当に信頼できるFPに出会いたいならココをチェック!

すべてのチェック項目を満たす保険相談サイトは『FPのチカラ』です。

私は長く、「保険相談はどこを選ぶかではなく、誰を選ぶかが大事」とお伝えしてきました。

そして2015年、やっと本気でおすすめできる保険相談サイトがオープンしました。

それが、保険マンモスが新しく立ち上げた『FPのチカラ』です。

この『FPのチカラ』の一番のポイントは、何と言っても自分で相談したいFPを選ぶことができると言う点です。

主な特長は以下の通りです。

  • 自分の住んでいる地域、年齢、家族構成、相談内容などからFPのリストを抽出。
  • 顔写真や経歴、クチコミなどを見ながら自分が相談したいFPを選ぶことができる。
  • 相談予約は画面上(パソコン・スマホなど)から簡単に手続き可能。
  • もちろ相談したからと言って保険に加入しなければいけないと言うことはない。
  • しつこい勧誘はしないと言う方針もある。

 

ここで選ぶことができるFPは、もちろんFP資格を持っていますし、相談経験も多いFPばかりです。

あなたの大事な家族を守るための保険です。

現役FPである私が今、保険の見直しをするなら迷わず『FPのチカラ』で相談します!

もっと詳しい情報を見たい、予約をしたいと言うあなたは、下の『FPのチカラ』公式サイトバナーから入ることができます。

人気のFPはすぐに予定が埋まってしまうらしいので、早いもの勝ちですよ。

『FPのチカラ』公式サイトはこちらです

保険マンモス株式会社様/FPのチカラ指名相談プログラム

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ