保険会社と保険代理店の違い – 保険代理店の役割 | 現役FPたくやの日本一わかりやすい生命保険の選び方

保険会社と保険代理店の違い – 保険代理店の役割

保険代理店の役割とは

保険のプランニング

保険代理店の第一の役割に、保険のプランニングがあります。

保険のプランニングとは、顧客のニーズを相談内容から汲み取り、それに見合った保険商品を提案することを言います。
人は千差万別ですから性別・年齢も違えば、収入や家族構成も違います。 その一人一人に合った保険をプランニングするためには保険商品は勿論の事、不動産や税金、住宅ローンなどの周辺商品に関しても知識が求められることがあります。

保険代理店にはそれらの知識に精通したファイナンシャル・プランナーが多く在籍しています。 そのファイナンシャル・プランナーが数多くの保険会社の商品の中からプランニングすることで、人それぞれの状況に合ったプランニングが可能となります。

中には保険に加入出来ない人や見直しの必要のない人がいる場合もありますが、そのような場合でも、その人に合ったアドバイスをすることが保険代理店の役割です。

契約の一括管理・保障の見直し

保険代理店の役割には、契約の一括管理と契約済みの保険の見直しもあります。

通常であれば、保険会社の違う商品に加入すると、手続きの際には各保険会社の窓口やカスタマーセンターにそれぞれ連絡をする必要があります。 しかし、保険代理店で加入をした場合には、その保険代理店が委託されている保険会社の商品であれば、どこの保険会社であってもその保険代理店が手続きを一括管理します。
保険金や給付金の手続きをする際には、保険代理店に連絡を入れれば該当する保険会社に手続きを取ってくれますので、契約者はスムーズに手続きすることが出来ると言うメリットがあります。

また、乗合代理店に限りますが、以前加入した保険でも他の保険会社でより魅力的な商品が発売された際には、契約者にメリットの出る場合に限り保険の見直し・切り替えをしてくれます。
保険会社の営業マンや1社専属の保険代理店では出来ないことが乗合代理店であれば可能となります。

経験豊富な乗合代理店のファイナンシャル・プランナーでしたら、このようなアフターサービスもしっかりしていて、契約者のライフプランに合わせて適切な情報も提供してくれます。
このような保険代理店に是非とも自分の保険を任せたいですよね。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ