保険会社と保険代理店の違い – 保険代理店の種類 | 現役FPたくやの日本一わかりやすい生命保険の選び方

保険会社と保険代理店の違い – 保険代理店の種類

専業代理店と副業代理店

保険代理店は大きく分けて専業代理店副業代理店の2つに分けることが出来ます。

専業代理店とは、保険販売のみを業務の主体としている保険代理店を指します。
そして副業代理店とは、保険販売以外にも業務を営んでいる保険代理店を指します。 旅行保険を販売している旅行代理店や、自動車保険を販売しているディーラー、修理工場、火災保険を販売している不動産業者などがこれに当たります。

それぞれ得意分野の保険があり、知識や情報に長けている代理店も存在しますが、基本的には“副業”ですので、出来れば保険は専業代理店に任せると言うのが安心の近道かもしれません。

専属代理店と乗合代理店

専属代理店とは、保険会社1社と委託契約を結び、その保険会社の保険商品のみを販売している保険代理店を指します。
そして乗合代理店とは、複数の保険会社と委託契約を結び幅広い保険会社の保険商品を販売する事が出来る代理店を言います。

最近テレビなどでも頻繁に見る「ほけんの窓口」や「保険見直し本舗」などはこの形態を取っています。

個人代理店と法人代理店

保険代理店の登録は個人・法人ともに可能です。
個人事業主として独立することも、法人として保険代理店を営むことも可能です。

販売型とFP紹介型

販売型とは、保険代理店が保険募集人を雇って(若しくは業務委託をし)直接保険を販売するタイプです。 ファイナンシャル・プランナー資格を持った保険募集人も多く存在し、直接やり取りの出来る保険代理店です。

FP紹介型とは、保険代理店としての法人登録は済ませてはいても、業務として直接保険販売はせず、販売型の代理店と顧客紹介契約を結び、販売型の代理店が紹介した顧客の保険販売に成功するとマージンを受け取ると言うシステムを取り入れている保険代理店を指します。 「保険マンモス」などがこれに当たります。
資料請求やテレアポなどで顧客を見つけ出し、販売型の保険代理店に「任せる」形態を取っているので、“どの保険代理店が対応してくれるか最初にわからない”という若干のギャンブル性もありますが、もし自分と相性の悪い保険代理店に当たったとしても「キャンセルやチェンジ」が出来ますので問題ないでしょう。

店舗型とFP訪問型

店舗型とは、郊外やショッピングモールなどの一角に出店している場合が多く、買い物などのついでに“気軽に立ち寄れる”という便利さがあります。また駐車場が完備のところも多く、キッズスペースがあったりと子供連れの家族にとっては相談のしやすいタイプです。
ただし、営業時間などに縛りがある場合も多く、夜遅い時間などには対応出来ない場合もありますので事前の確認が必要です。

FP訪問型とは、ファイナンシャル・プランナーがあなたの希望する場所に来てくれて保険相談に乗ってくれるタイプを言います。 小さな子供がいてなかなか家から出られないという人は自宅へ、仕事終わりにと言う人には駅の近くの喫茶店、と場所を指定出来ますので時間や場所の融通が効きやすいと言うメリットがあります。 また、近くに来店型の店舗がない、車などの移動手段がないと言う人にもお勧めです。

無料型と有料型

無料型とは保険相談自体を無料で行ってくれるタイプで、初めて保険の相談をする場合にはお勧めです。 また無料ですので、自分と合わない担当が付いたとしても無料でチェンジすることも可能ですのでお勧めです。
ただし、喫茶店などで保険相談を行う場合には自分の頼んだ飲み物などの飲食代金は自分で払うことになりますので覚えておきましょう。

有料型は時間や相談内容などで「30分3,000円」「保険診断5,000円」などと決められているタイプを言います。 有料型の場合、“より深い相談”が出来たり、専門的な相談も可能となりますので、本格的に相談をしたいと言う人にお勧めです。
ただし、納得いかない結果に終わっても、相談料はかかりますので注意が必要です。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ