保険に加入するなら保険会社と保険代理店どちらが得か | 現役FPたくやの日本一わかりやすい生命保険の選び方

保険に加入するなら保険会社と保険代理店どちらが得か

保険会社と保険代理店はどちらがお得?

非常に素朴な疑問です。

流通業界では、中間マージンカットとか生産者直なんて言われると得した気分になるし、実際お値段も安く手に入れることができますよね。

保険業界だって保険商品を開発している保険会社がいわば製造元であり販売元ですから先述の例をあてはめれば生産者直で保険を買った方がなんかお得なんじゃないかって思っちゃいますよね。

では実際にはどうなんでしょうか。

保険会社から保険に加入する

「保険会社から保険に加入する」とは、セールスレディや保険会社の営業マンから直接加入する事を言います。

このルートでの保険加入のメリットは、担当者が他の保険に切り替えられないように一生懸命働いてくれるという点です。

N社やD社などの国内大手の保険会社ではお菓子やテレビ雑誌など(勿論タダではないですが、営業社員が自腹でお金を払ってプレゼントしてくれます)を頻繁にプレゼントしてくれたり、食事に誘ってくれたりすると言う“強者”の担当もいるそうです。

ただし、保障内容は更新型の保険が多いので注意が必要です。

またS社などの担当者は「他社との差別化」を図るために一生懸命アフターフォローをしてくれたり、ライフプランについてしっかりと相談に乗ってくれたりと熱心に向き合ってくれます。

ただし、「コンサルティング営業」を謳っている影響で人件費が高く、その分他社と比べて保険料が高い事も覚えておきましょう。また、なかなか新商品を出さないと言う特徴もあります。

国内大手・カタカナ生保・ひらがな生保、それぞれの特徴を掴んで自分に合った保険会社の商品と契約出来るように検討しましょう。

保険代理店から保険に加入する

保険代理店で(特に乗合代理店)保険に加入する事を検討すると、自分の出した条件に合った保険会社を複数(50社以上を取り扱う保険代理店もあります)の保険会社の中から選ぶことが出来ます。保険料は保険会社から直接加入する場合と違いはありません。

保険代理店から保険に加入すると「保険料が高くなる」と言う事もありませんし、「熱心にフォローしてくれない」なんてこともありませんから、保険を選ぶ選択肢が増えて、どれを選んでも「窓口は一本化」出来る事を考えたら、メリットはあれどデメリットは考えられないのではないでしょうか。

ただし、保険代理店にも中には「人間としてダメ」な人はいるかもしれません。その場合には、すぐに担当か保険代理店自体をチェンジしてしまいましょう。

ネット系生保も合わせて検討

一番のお勧めは、保険代理店とネット系の生保を合わせて検討すると言う事です。

ネット系の保険は保障がシンプルで保障内容が若干薄く、選べる選択肢が狭いという弱点もありますが、自分の条件に合った保険が見つかれば断トツで安い保険料が実現出来ます。

自分でネットで情報収集をして、それを持って保険代理店に相談に行くと、中身の濃い相談が出来ますので、是非ともネット系生保も同時に保険相談に活用してみてください。

結論!保険代理店がお得!

これらの事を比べてみると、1つの保険会社のセールスレディや営業マンだけの話を聞いて保険を決定するよりも、商品知識や情報に精通していて数多くの保険の中から自分に合う保険を選ぶ事の出来る保険代理店での保険加入が一番お得と言う事が言えます。

今、保険の加入や見直しの検討をしている人は迷う事なく保険代理店に相談することをお勧めします。と言うか、絶対に行ってください!

ホントにお得な保険相談サイトのクチコミを参考にするなら、コチラをご覧ください!
FPたくやの潜入調査『保険相談を斬る!!』

最新の「完全指名型」の保険相談を予約するならコチラ!!

保険マンモス株式会社様/FPのチカラ指名相談プログラム

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ