選ばれるより選べ! – 保険相談の担当FPは選ぶことができます。

保険相談の担当FPは選ぶ事が出来るって知っていますか?

保険相談は、保険のプロに相談をすることで保障内容が見直され、保険料のコストカットも実現されるなど、基本的にはメリットがたくさんあります。

しかし、本当に残念なことですが、稀にモヤモヤした結果で終わる場合があります。

  • 営業がしつこい!
  • 信用できない!?

などの理由で「このFPにはこれ以上相談したくない」などと、FP側に問題がある場合です。

FPも人間ですので、もしかすると相談の場で失礼な言動があるかもしれません。

保険相談でこんなFPに遭遇してしまったら、面談の中止や担当の変更などができる制度で対応します。

もし、嫌なFPに遭遇してしまった場合には、これらの制度を利用するか、相談会社自体を替えて改めて相談し直すことができますが、個人的には、別の会社で相談することをお勧めします。

ここでは、これまでに反響の多かったケースを皆さんにご紹介したいと思います。

もし、あなたがこんなFPに遭遇した場合は、即刻相談会社・担当FPの変更です。

こんなFPに当たったら即効チェンジ!!

1. なれなれしく、失礼な言葉遣い

「話しやすい」と「なれなれしい」を勘違いしているFPです。こんな人に相談どころか話もしたくないですよね。

2. 服装や身なりが乱れている

ボサボサの髪、汚らしいヒゲ、シワクチャのスーツ、初対面の人に合うのに身なりに気を使えないような人に大切な人生の相談を、ましてお金の相談なんてできないですよね。

3. 自慢話が多い

自己紹介などの際に、自身のアピールの度が過ぎてしまうケースです。営業成績やMDRT会員であることなどを鼻にかけ、せっかくの相談時間を自慢話に付き合わされるのは我慢できません。

4. ブランド品で着飾っている

スーツ、バッグ、時計、そして香水・・・。すぐにわかるような高級志向の塊のような人に「節約」なんて言われても説得力がないですよね(苦笑)。

5. 上司を連れてくる

「“はじめまして”でいきなり上司同席(1対2の構図)で圧迫感、威圧感で話が全然頭に入って来なかった」というケースがありました。

上司が出てこないといけないほど頼りない担当なのか、ただ上司が出しゃばりなのかはわかりませんが、最低でも上司同席なら最初に伝えておいて欲しいですよね。そんな気遣いができないような会社は問題外です。

6. 説明が下手、話が噛み合わない

FPとしては致命的かもしれませんが、こちらの質問に的外れな回答をしてしまうFPもいるようです。

7. 加入している保険の内容を必要以上に悪く言う

本当に良いFPは「良いものは良いと言い、改善点があれば顧客の手間をかけずに改善」します。

保険の切替をしなくても若干の修正を加えるだけで改善するようなケースでも、自分の成績のために、なんでもかんでも別の保険に切り替えようと強引に話を進めるFPは信用できません。

「しつこい営業」ではないですが、顧客目線の対応ではないですよね。

いかがですか?ケースとしては少ないかもしれませんが、もしこう言ったケースに遭遇してしまった場合でも、そこで諦めずに気持ちを切り替えて別の相談会社に相談し直してください。

 あなたの担当は大丈夫?
本当に信頼できるFPに出会いたいならココをチェック!

また、最近では相談するFPを自分で選ぶことができる「完全指名型の保険相談」も始まりましたので、FPの顔写真や経歴、クチコミなどをしっかり調べて、本当に信頼できるFPを相談前の予約の段階で指名できますので安心できますよね。

しっかりとFPを選んで、保険の見直しに役立ててください。

<最新の「完全指名型」の保険相談を予約するならコチラ!!>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ