自転車の賠償事故が増えています!最高額はなんと・・・ | 現役FPたくやの日本一わかりやすい生命保険の選び方

自転車の賠償事故が増えています!最高額はなんと・・・

自転車の事故が増えています。
今日はアメーバニュースのこの記事から。

自転車事故と言っても、自分がケガをする事ではありません。
他人にぶつかってしまった時が大変なんです。『自転車に乗っていて、曲がり角で人と接触しそうになって冷や汗をかいた』なんて経験はありませんか?

2013年に実際にあった事故で、小学生が自転車に乗っていて60代の女性と衝突し、女性は植物状態になってしまったと言うニュースを覚えている人も多いのではないでしょうか。裁判ではこの小学生の母親に約9500万円の損害賠償の支払いを求める判決が出ました。支払い能力や責任能力が問えない場合、損害賠償は監督責任のある親に請求されます。

子どもが自転車に乗っている、と言う日常で見られる「ごく普通の風景」ですが、一歩間違えば誰にでもこのような危険が降りかかってくる可能性があるんです。子どもですから、注意しても飛び出してしまうなんて事も多いですよね。それでも毎日「危ないから気をつけなさい」と注意する事が必要です。

しかし、それでも事故を起こしてしまったら・・・
ぶつかった相手が死亡してしまったら・・・

1億円なんて言う金額を急に支払う事が出来ますか?
家族や親せきなどからお金をかき集めて、もしかしたらその事が原因で一家離散なんて事になってしまうかもしれません。
そんな事態にならないために、準備しておくのが個人賠償責任保険です。

個人賠償責任保険は、他人の身体や財産に損害を与えた場合に、その金額を補償してくれる損害保険のひとつです。例えば、デパートで商品を落として誤って壊してしまったり、他人にケガをさせてしまったりした時に補償されます。補償金額は一般的には1億円で、年間保険料は約2,000円ほどとリーズナブルです。しかも、家族で一人加入していれば一緒に住んでいる家族は全員補償の対象となります。

また、火災保険や自動車保険に特約で付加する事も可能で、この場合、個人賠償責任保険に単品で加入するよりも保険料は安くなりますので、こちらのほうがおススメです。まずは、家族の自動車保険や火災保険にこの特約が付いていないかどうか確認しておきましょう。

自転車に頻繁に乗る人は「自転車保険」と言う名前で知っているかもしれませんが、この自転車保険は自分のケガの保障と個人賠償責任保険のセット販売となっていますので、補償にダブりが出ないように気をつけましょう。損害保険の場合、生命保険と違って補償がダブっても両方から保険金を受け取るが出来ません。もったいないですからどちらかを解約してくださいね。

「何をどうしたらわからない」と言う人は、まずはFPなどに聞いて情報収集をするところから始めてみましょう。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ