乳がんとは~乳がん予防と治療法①~ | 現役FPたくやの日本一わかりやすい生命保険の選び方

乳がんとは~乳がん予防と治療法①~

乳がんとはどのような病気なのでしょうか。

乳がんとは、乳腺組織に出来るがんの事を指し、乳腺組織の細胞が傷ついたり、先天的な遺伝子の傷が原因と言われています

乳がんの症状としてはしこりができる場合が多く、約5mm程に成長すると自分で触ってもわかるようになります。

乳がんの早期発見には、乳がん検診などの定期的な検診がとても効果的です。

具体的には、マンモグラフィーと呼ばれるレントゲン撮影によって、触診などではわかりづらい初期の小さながんも発見する事が可能です。

超音波検索やMRI検査、CT検査なども有効で、いずれの検査も、年1回、半年に1回など、 定期的に検診を受けることによって、乳がんの早期発見に繋がります。

乳がんは、女性のがんの中で一番多いと言われています。毎年1万人以上の女性が乳がんで亡くなっていますが、検診などで早期発見が出来れば治る可能性のある病気です。

まずは、早期発見です。そのためにも定期検診を心がけましょう。

次回は「乳がん治療について」をお話したいと思います。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ