がん保険は必要?不要? | 現役FPたくやの日本一わかりやすい生命保険の選び方

がん保険は必要?不要?

日本人の2人に1人が「がん」になるとも言われています。
特に胃がんは日本人が最も罹りやすいがんと言われています。みなさんは、がんになる事が心配ですか?そして、がん保険は必要と考えていますか?それとも不要と考えますか?今日は現現代ビジネスのコチラの記事からお伝えします。

一部雑誌や記事では、がん保険に加入するのは勿体ない。保険料は掛け捨てで、がんにかかる可能性は低いのに貯金でカバーすればいいから保険の替わりに積み立てを、と言っているのを目にします。『100万円の貯金があれば、がん保険は不要』『先進医療特約も利用する頻度ははるかに少ないので必要ない』、高額療養費などの公的保険を利用すれば自己負担分は限られてきます、とも言っています。

ここまで見れば、「なんだ、そうか。がん保険って必要ないかも」と思うかもしれません。
たしかに、公的保険を利用するのは大前提です。しかし、本当に貯金が100万円あれば大丈夫ですか?この手の記事を書くFPは、治療費の事しか触れません。

もし、貯金が100万円貯まる前にがんになったらどうしますか?
入院治療は終えても通院での治療が続く場合、仕事は病気前と同じ時間、同じ仕事量をこなせますか?
仕事量が減れば、収入は減りませんか?その時、足りないお金はどうしますか?貯金が足りなかったらどうしますか?

がん保険は、診断一時金や入院給付金、手術給付金を受け取ると約200万円~400万円ほど受け取る事が出来ます。そのお金は治療費にも勿論使いますが、生活費の一部として仕事が減る間の補てんに充てる事が出来ます。そもそも貯金は万が一の時に使うためと言う目的よりも前向きな目的のために使うべきです。治療費に貯金を使ってしまった場合、その後の生活設計は崩れて行きませんか?確率の低い、そして高額なリスクにこそ保険は活用すべきなんです。そして、保障内容も優れていて保険料も安いものを選べばいいんです。

記事を書かれるFPの人たちは、センセーショナルな記事を書かないと見る人の目を引きませんから”大胆な記事”を書きます。実際にがんに罹って多額のお金が必要になった時に『あなたの記事を信じてがん保険を解約したのに、これじゃ解約しないほうが良かった!どうしてくれるんだ!』と訴えても何の責任も取ってくれません。
本当にがん保険が必要か、不要かはじっくりと検討してください。そして、予算に余裕がある場合には前向きに検討する事をお勧めします。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ