自動車で交通事故を起こしてしまった時の対応マニュアル | 現役FPたくやの日本一わかりやすい生命保険の選び方

自動車で交通事故を起こしてしまった時の対応マニュアル

みなさん、このゴールデンウィークは楽しく過ごしていますか?
せっかくの楽しい旅行で、自動車事故に巻き込まれてしまったら・・・。そんな時の緊急マニュアルをお伝えしたいと思います。

まずはケガ人がいないか確認を!

交通事故を起こしてしまった場合、自分もそうですが、相手にケガがないか確認をする必要があります。そして必要に応じて救急車の手配を速やかに行いましょう。事故の場合、直後は痛みなどがなくても徐々に症状が出てくる場合が多く、万が一の可能性も考えられます。
そうならないためにも、出来るだけ救急車を呼んで病院に連れて行ってあげましょう。

警察に連絡を!

交通事故を起こしてしまった場合、物損・人身に関わらず、警察に通報をする義務があります。
警察に連絡する際に、事故のあった日にちや時間、場所(具体的な住所)、事故の状況、物損か人身かなどを予め確認しておきましょう。

人身事故で救急車を要請した場合は、消防署から警察に連絡が行くようになっていますが、単独事故などの場合「相手がいないから・・・」と警察に届け出をしないと、事故証明が発行されませんので保険金の請求も出来なくなってしまいます。警察への届け出をしないと罰則もありますので必ず連絡をしましょう。

また、相手がいる場合は警察に連絡をせずに示談で済まそうとしてしまうと、その後の示談交渉もトラブルになり兼ねませんので注意が必要です。

相手の連絡先を聞きましょう!

相手のケガの状況などが把握出来たら、相手の名前、住所、連絡先(連絡が取りやすい携帯など)を聞きましょう。今後は保険会社を通しての対応となりますから、相手の保険会社も聞いておきましょう。
また、自分の名前や連絡先も教えておきましょう。

無用なトラブルを避けるために

相手との無用なトラブルを避けるために、『手続きは保険会社に任せるが、お見舞いなどの対応』は忘れないようにしましょう。交通事故直後は相手も大丈夫そうな対応をしていても、“全てを保険会社に任せて誠意がない”と思われてしまっては後々にいらぬトラブルを招いてしまいます。そうならないためにも『人としての最低限の対応』は忘れないようにしましょう。マニュアルも大事ですが、最後は人間同士と言う事を覚えておきましょう。

また、保険会社を入れずに示談交渉を勧める事もトラブルを避けるためにお勧めしません。
必ず警察と保険会社に連絡をして対応するようにしましょう。

このように、交通事故を起こしてしまった場合には焦らずに、冷静に対応する事が必要です。最低限のマニュアルを思い出しながら行動しましょう。アタフタしてしまったとしても、保険代理店や保険会社に連絡をすれば『どう行動すればいいか』教えてくれますので、落ち着いて一呼吸おいて行動するようにしましょう。

保険代理店は事故対応もしっかりとしてくれます。
保険代理店の役割とは?

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ