生命保険の夫婦特約、そのメリットとデメリット

医療保険やがん保険で「夫婦特約」というものがあります。
これは、夫の保険契約に割安な保険料で妻の保障をプラスするというものです。
例えば、入院保険で夫が日額10,000円なら妻は日額8,000円(会社によって妻の保障の割合は決まっています)というようなイメージです。

メリットは、特約ですので2人分の保険料が割安になるということです。
デメリットは、夫が亡くなってしまった場合に保険契約が消滅してしまい、特約である妻の保障も一緒に消滅してしまう可能性があります。また、保障内容を見直す場合に、片方だけを見直すということができないのもデメリットです。妻が、つい最近入院したことがあった場合などは、なんの問題もない夫も保障を見直すことができません。妻が新しい保険に切り替えること自体が一定期間難しくなるからです。

細かい条件は各保険会社によって異なりますが、しっかりと確認しておくほうがいいでしょう。
そして、できることなら最初から、夫婦それぞれ別々に保険加入することをおすすめします。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ