今話題の自転車保険ってそんなに必要なの??~ドコモが自転車保険を発売、その補償内容 | 現役FPたくやの日本一わかりやすい生命保険の選び方

今話題の自転車保険ってそんなに必要なの??~ドコモが自転車保険を発売、その補償内容

ネットなどで話題になっています『自転車保険』ですが、この自転車保険を知っていますか??車の保険じゃないですよ。『チャリンコ』のほうです。どんな保険かを簡単にまとめると、

  • 自転車に乗っていて他人にぶつかったり、物にぶつかったりした場合 → 2億円まで賠償
  • 自転車に乗っていて事故に遭った場合 → 入院日額3,000円、死亡・後遺障害500万円
    ※18歳以上70歳以下の人が契約対象
  • 月々の保険料は、個人プラン440円、夫婦プラン640円、家族プラン980円

このような保険を携帯大手のドコモが発売するようです。

最近では、ニュースでも自転車に乗っている小学生が女性にぶつかって、女性は植物状態になってしまい、賠償金として約9500万円の支払い命令を受けたと言う報道がされました。自転車によく乗る人には恐い話ですよね。

では、ここからが本題です。果たしてこの自転車保険は必要なのでしょうか?

以前のトピックス『自転車の賠償事故が増えています』でもお伝えしましたが、このような賠償事故は個人賠償責任保険でカバーする事が出来ます。

この個人賠償責任保険は年間2,000円ほど(月換算で約166円)で加入する事が出来ます。もしくは、自動車保険や火災保険の特約として付加する事も可能で、その場合、個人賠償責任保険単品で加入するよりも保険料は安くなります。

※現在、個人賠償責任保険単品の加入は可能な保険会社が少なくなってきています。

そして、1つ加入すれば同居の家族全員が補償の対象となります。また、自転車保険にある『入院保障』などは、生命保険や医療保険に加入していれば、すでにそちらでカバーされていますので二重に保障を買う事になりますので勿体ないですよね。

この自転車保険は、保険料の支払いが携帯料金と一緒に請求されますので『支払いが楽なイメージ』があります。

しかし、よく考えて見ると、この保険を選ばなくても自動車保険や火災保険に特約で付加されていたら、新たに加入する必要はありませんよね。一度、ご家族の自動車保険や火災保険に個人賠償責任保険が特約で付加されているか確認してみましょう。

もし付加されていなかった場合でも、自転車保険を選ぶよりも、特約で付加するほうが効率的です。

このように、『一見お得で良さそうな保険』に見えても、よ~く観察すると必要がなかったり、他にもっと良い加入の仕方があったりしますので注意が必要です。

自転車保険の相談も、最新の「完全指名型」の保険相談を予約するならコチラ!!

保険マンモス株式会社様/FPのチカラ指名相談プログラム

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ