ファイナンシャルプランナー(FP)資格は本当に信用出来るのか?

最近ネット上でもファイナンシャルプランナー(FP)資格について取り上げられています。何を隠そう、私FPたくやもファイナンシャルプランナー資格を持っています。一見凄そうな資格に聞こえますが、果たしてこの『ファイナンシャルプランナー』と呼ばれる人たちは信用出来る人なのでしょうか?

ファイナンシャルプランナー資格は何種類も存在する

一言でファイナンシャルプランナー資格と言っても、実はいくつもの資格が存在します。

ファイナンシャルプランナー資格の種類と担当にしたいFPを見つける3つの方法でもお伝えしていますが、ファイナンシャルプランナー資格にはCFPやAFP、1級・2級ファイナンシャル・プランニング技能士、生命保険協会認定FP(トータルライフコンサルタント)などがあります。

これらのファイナンシャルプランナー資格は認定する団体や、資格の更新方法など様々ですが、資格を取得するために必要な金融に関する知識などは大体共通しています。

最近では、保険業界だけでなく不動産業界や証券業界など様々な業界で、この資格を取得する事が推奨されています。

逆を言えば、保険相談を行うFPで、まだファイナンシャルプランナー資格を持っていないと言う担当者は、最低限の勉強もしていないと言う事が言えますので信用出来ませんよね?

このようなFPは相談が始まる前に『却下』しても良いと思います。

信用出来るFP資格の見分け方

先ほどの文章の中で、「FPの金融に関する知識は大体共通している」とお伝えしましたが、長年この業界にいる私FPたくやがお教えする(ここだけの話)信用出来るFPの見分け方をご紹介します。

生命保険協会認定FPのみはダメ!

生命保険協会認定FPと言う資格には、ライフコンサルタント(LC)、シニアライフコンサルタント(SLC)、トータルライフコンサルタント(TLC)がありますが、生命保険会社に勤めていれば順々にテストを受けて取得出来る資格です。

私も昔、外資系保険会社に勤めている時に取得しましたが、そう難しくはない印象でした。

この資格しか取得していないファイナンシャルプランナーは、それ以降も勉強をしていない場合が多く、業界知識や新しい情報を得ていないケースが多く見られます。

特にベテランにもなると、『資格なんてなくても仕事は出来る!』と豪語する猛者も多く、時代錯誤的なトークを今も大事に使って話す傾向にありますので注意が必要です。

MDRT会員である事を必要以上にアピールするFPもダメ!

MDRTとは、世界中で保険営業のトップセールスと認められた人たちが会員になれる名誉ある組織です。この組織自体は非常に素晴らしい組織なのですが、中にはMDRT会員であると言う事を必要以上にアピールする人たちもいます。

実際に私も保険相談を受けた際に(もちろん身分を隠してですよ)、このタイプに遭遇して“面倒くさい思い”をしました。

早く相談したいのに、自慢話に付き合わされていると言う思いが湧き上がり、相談の熱が冷めてしまいました。このようなタイプは、資格うんぬんよりも人として信用出来ません。

損害保険の知識があるFPかどうか

保険相談の際には、始めにファイナンシャルプランナー資格の有無を聞くついでに損害保険の取り扱いが出来るかを聞きましょう。

通常、保険相談の場合に相談するのは生命保険が一般的です。しかし、その目的は家計の見直しであったり、節約だったりすると思います。

自動車保険や火災保険などもライフプランに合った加入の仕方をしていない場合には無駄な保険料を支払っている可能性があります。

そんな時、損害保険の取り扱いが出来ない、または知識のないFPが担当だった場合、これらの問題点は素通りされる可能性が大いにあります。

もし無駄があったら減らしたいですよね?逆に必要なのに間違って足りないプランニングがされてたら見直したいですよね?損害保険も同じです。どうせ見直すなら、生命保険・損害保険一緒に見直せるFPに任せたいですよね!

いかがでしたか?皆さんが保険相談する場合には、これらの事に注意しながらしっかりと信用出来る担当を選んでくださいね。

 本当に信頼できるFPに相談したいなら、
プロが潜入調査して選んだ保険相談サイトを見てみたい!

<最新の「完全指名型」の保険相談を予約するならコチラ!!>

保険マンモス株式会社様/FPのチカラ指名相談プログラム

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ