日本人に一番多いがん【胃がん】の原因はピロリ菌

日本人罹るがんで、一番多いがんは胃がんと言われています。
今日は朝日新聞の医療サイトからこの話題です。

日本人の胃がん患者のほとんどがピロリ菌に感染していると言われています。2008年には、このピロリ菌の除菌をすれば胃がんの発生は3分の1になると、日本ヘリコバクター学会は「除染を勧める」指針を発表しました。そして、これまでは胃潰瘍などの病気でなければ、胃からの除菌は保険適用外でしたが、軽い胃炎でも保険適用が認められる見通しが立ちました。ピロリ菌の除菌が拡がれば、日本人の胃がんも劇的に少なくなるかもしれません。

「良い保障内容」のがん保険に加入する事も大事ですが、そもそもがんにならないように気を付ける事も大事ですよね。
みなさんもお気を付けくださいね。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ