GWの旅行中、デジカメが壊れたら保険で補償される??

ゴールデンウィーク中の楽しい旅行の思い出がたくさん詰まったデジカメを、『落とした事で壊れてしまった!』『盗まれてしまった!』と言う経験をした方はいますか?

『携行品損害』と言う補償があれば、保険会社が補償してくれる

海外旅行に行くのであれば、海外旅行保険に加入する方も多いと思います。また、国内旅行であれば国内旅行保険と言うものがあります。

これらは損害保険の一種で、主な補償内容として旅行中のケガや病気、死亡などを補償しています。この保険に携行品損害の特約が付いているならば、デジカメなどの故障や盗難が補償の対象となります。

携行品損害とは、例えば旅行中に携行品(カメラ、宝石、衣類、航空券、旅券など)が盗難や破損などの偶然な事故によって損害を被った時に補償されます。

特に旅行中などは何があるかわかりませんから、これから旅行に行く予定があると言う方は検討される事をお勧めします。

ただし、携行品損害の対象外となるものもありますので注意が必要です。

例えば、定期券や有価証券、預貯金証券、クレジットカードやプリペイドカード、30万円を超えるような貴重品、自動車、自転車およびその付属品、サーフボード、携帯電話などの携帯式端末機器、ノートパソコンなどの携帯式電子事務機器、メガネやコンタクトレンズなどです。

今の時代、スマートフォンやタブレットなどを持ち歩く人も少なくありません。これらの機器は補償の対象外となりますので要注意です。

請求の仕方

携行品損害の請求が出来るのは、『偶然かつ突発的な事故』に限られます。ですから、原因不明の故障経年劣化で壊れた場合は補償の対象外となります。

故障で請求をする場合には修理の見積もり、もしくは新しく代替品を買う場合には、その購入したレシート(領収証)が必要になります。その内容を保険会社が確認をして保険金が支払われる事になります。

ただし、修理見積もりの金額や新しく購入した金額そのままを保険金として受け取れると言う事ではありません。保険金額には若干の免責金額(3千円など)が付いている場合がほとんどです。

また、『故障したものを何年間使用していたか』でその時価額が計算され、保険金額からその分を差し引かれて受け取る事になります。

自動車保険や火災保険にも特約で付けられる

携行品損害は自動車保険や火災保険の特約としても付加する事が出来ます。

海外旅行保険や国内旅行保険を検討されている方で、携行品損害の特約を付けるかどうか迷われている人は、ご自身の自動車保険や火災保険(加入していれば)を確認してみましょう。

もしかしたら既に補償があるかもしれません。その場合、改めて加入する必要はありませんので、是非確認をしてみましょう。

また、以前のトピックス『雪山レジャー(スキー・スノーボード)の危険から身を守る~賠償責任について』ついてでもお伝えしましたが、旅行先では気分も高揚して知らず知らずのうちに他人に迷惑をかけてしまうかもしれません。

そうならないためにも、事前に出来る自己防衛として、しっかりと損害保険も確認をしておきましょう。そして、楽しいゴールデンウィークにしてくださいね!

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ