健康でないほど詳細まで告知をしましょう。~告知義務違反はダメです | 現役FPたくやの日本一わかりやすい生命保険の選び方

健康でないほど詳細まで告知をしましょう。~告知義務違反はダメです

保険加入を検討しているとき、もしあなたの健康状態に不安があった場合、あなたならどうしますか?

ここで一番やってはいけないことは「嘘をついてしまう」ことです。
病気自体を隠してしまったり、症状や治療歴を軽く記入してしまったり、これらのいわゆる「告知義務違反」をして加入をして、その病気が原因で入院や手術はたまた死亡してしまった場合には保険金や給付金を受け取る事ができなくなってしまいます。※詳しくは、保険金や給付金が支払われないケースをご確認ください。

逆に、病状や治療歴を詳細に告知するとどうでしょうか。
保険会社の査定は、ノーマル査定(「健康」と判断して加入できる)であったり、軽度の特別条件付の加入を認めてくれたりと、思っていた以上に保険加入に前向きな査定をしてくれる場合があります。

実は保険会社は、病状や治療歴(治療内容、検査結果、処方された薬名、診察結果、現在の状況)などの、より詳細なデータがあればあるほど「この人はどんな健康状態なのか」「この病状なら大丈夫」「この状態ならアウト」など査定判断が細かくしやすくなります。
ですから、医師から投薬を受けているからと言っても、「その薬なら問題ない」と査定判断される場合もありますので、これから保険加入を検討している方は“恐れずに、より細かく告知をする”ことを心がけてください。告知書の記入欄をはみ出しても全く問題ありませんので、是非詳細まで記入してください。それでも不安が残る場合には、告知書に記入する前にFPに相談してください。

複数の保険会社を扱うことのできる独立系FPであれば(FPたくやもそうですよ)、各保険会社の告知や査定の傾向を熟知していますから、あなたの健康状態と保険プランを照らし合わせてベストな保険商品を選んでくれることでしょう。
通常の保険もあれば緩和型と言われる「健康状態に不安を持つ人でも加入しやすい商品」もあります。
是非、恐がらずに相談してみてください。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ