医療保険は終身で掛け捨て?それとも貯金?(第1部) | 現役FPたくやの日本一わかりやすい生命保険の選び方

医療保険は終身で掛け捨て?それとも貯金?(第1部)

医療保険は掛け捨てがいいのか?保障期間は終身がいいのか?
はたまた貯金で十分なのか?

今回はこの問題に答えを出そうと思います。

掛け捨てタイプか、貯蓄タイプ(ボーナス、祝い金)か

まずは掛け捨てタイプか、貯蓄タイプかですが、簡単にこの2つを比較すると、

①保険料
・保険料は掛け捨ての分、貯蓄タイプと比べて安い
・ボーナスや祝い金があるタイプは、掛け捨ての保険料に上乗せされている

②貯蓄性
ここで言う貯蓄性とは、支払った金額と戻ってくる金額の割合の高さを言います。医療保険の貯蓄性は高くありませんので、お金を貯めると言う点では向いていないかもしれません。
「でも、掛け捨てはもったいない」と言う人もいるかもしれません。それなら、掛け捨ての中でも一番保険料の安い保険を選んで(もちろん保障内容はしっかりと確保ですよ)、浮いたお金を貯金するなり、利率の良い金融商品で殖やすほうが効果的です。

終身か定期か

保険期間を終身にするか、定期にするかですが、まずは年齢によるところがあります。
若ければ保険料も安いですし、安い分長く続けても一生涯の支払い総額は100万円から200万円くらいになるでしょう。しかし、ある程度年齢が上がった人が医療保険に加入しようとすると、どうしても保険料が高くなってしまいます。入院日額5,000円を受け取るために毎月10,000円近く支払うのはどうかと思います。しかも、ある程度の年齢になった人であれば、100万円から200万円くらいの医療費はなんとか都合つける事も可能だと思います。
そう考えると、高齢になればなるほど医療保険は定期もしくは、預貯金があれば医療保険は必要ないかもしれません。ただ、それ以外に介護についてのリスクや心臓、脳、がんなどの疾病の保障を考える必要はあると思います。

医療保険か貯金か

医療保険に加入するか、いやいや勿体ないから貯金をするか、答えは意外と簡単です。
お金に余裕のある人は医療保険に加入する必要はありません。逆にお金がない人、お金はあるけど医療費には回せないと言う人は医療保険を検討しましょう。

“お金がある”とはどれくらいを言うのでしょうか?
最近よく「貯金が100万から200万円あれば、医療保険やがん保険は必要ない」と言うネット記事を見かけます。これもまた大きな誤解を与える記事です。この記事だけ見れば、「なんだ、最低100万円あれば大丈夫か」と思いますが、そうではありません。100万円を治療費で使ってしまった後の生活はどうしますか?がん保険は必要?不要?のトピックスでも触れていますが、その後の生活費は大丈夫でしょうか?病気に罹る前と同じ仕事量、同じ収入を得るまで時間がかかりませんか?と言う事なんです。
100万円と言うのは“余裕資金”であって、“最低限あればいいと言う金額ではない”のです。

そもそも、お金が貯まる前に病気やケガを負ってしまったらどうしますか?
100万円から200万円ほどの預貯金であれば、私は迷わず保険加入を検討する事をお勧めします。

次回は、タイプ別の医療保険の考え方についてお伝えしたいと思います。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ