4月いっぱいまで!?妊娠中の女性が加入出来る医療保険

妊娠・出産は女性にとって(もちろん夫である男性にとっても)一大イベントであり、不安いっぱいのイベントでもあると思います。普通分娩でも男性には想像の出来ないほどの痛みが伴うと言われています。そんな中、もし「切迫早産や帝王切開になりそうだ」、なんて事になれば一層不安になりますよね。

今回のトピックスでは、出産の時に利用出来る医療保険についてお話したいと思います。
出産については分娩費用などの『出て行くお金』とは逆に、『もらえるお金』もあります。公的な保障と民間の保険がこれに当たりますが、この『もらえるお金』についてお伝えします。

健康保険などからもらえるお金

出産育児一時金

子ども1人あたり42万円が支給されます(妊娠4ヶ月以上の出産)。双子の場合は84万円となります。
※流産の場合も支給の対象

高額療養費

妊娠や出産は健康保険の適用外ですが、帝王切開や切迫早産などの異常妊娠・異常分娩での入院や手術は健康保険の適用となり、医療費が自己負担限度額を超えた部分に関しては払い戻しがあります。
また、『限度額適用認定証』を保険証と一緒に医療機関の窓口に提出すると、支払いは自己負担限度額までとなります。

他にも出産手当金や傷病手当金、児童手当、医療費控除などがあります。

民間の医療保険からもらえるお金

切迫早産や帝王切開で入院したり手術をした場合、民間の医療保険が支払いの対象になる場合があります(普通分娩での入院は対象外です)。
例えば、日額10,000円、手術給付金額20万円の医療保険に加入をしていて、切迫早産で30日の入院、その後に帝王切開で出産した場合には、合計で50万円(入院30万円+手術20万円)を受け取る事が出来ます。もし、女性疾病特約が付加されている医療保険に加入をしていた場合には、その分も上乗せで受け取る事が出来ます。

ここで注意したい事は、すでに医療保険に加入している女性は安心ですが、妊娠がわかった後に医療保険の加入を検討する場合です。

一般的には、妊娠中の医療保険の加入には特別条件(部位不担保)が付く事がほとんどです。
ここで言う『部位不担保』とは、医療保険の加入は認めるが異常妊娠・異常分娩にともなう入院や手術は保障の対象外とする、と言うものです。
そうなると、『今回の出産は対象外となる』と言う事ですから、妊婦さん本人としてはちょっと考えものですよね。しかも部位不担保は3年から5年は確実ですので、2人目も希望するとなると更に心配になります。

5月2日以降、加入条件が厳しくなる保険がある!?

妊娠中の女性でも加入できる医療保険として、ネット上ではライフネット生命の医療保険が人気でした。しかし、現在ライフネット生命では『医療保険をお探しの妊婦さんへ』と言う事で、5月2日以降の妊娠中の女性の医療保険の加入の条件を厳しくする旨の案内をしています。

それまでは、『妊娠27週目を超えても加入は可能で、切迫流産や切迫早産と診断された人には特別条件が付く』と言う内容でしたが、5月2日以降は商品が新しくなり、妊娠の状態(双子、逆子、妊婦の血圧などの数値)によっては特別条件が付いたり加入が出来ない可能性があり、また過去の異常妊娠・異常分娩の病歴によっても特別条件が付いたり加入出来ない可能性が出てくると言う事が記載されています。

新しい条件が適用されるのは5月2日の新商品の発売からですから、それまでは以前の条件での加入が可能であると言えます。5月1日までに保険に加入をするためには、4月30日までに手続きを完了している必要があります。
タイミングよく妊婦の方で医療保険の検討をしている方がいる場合は、検討してみてはいかがでしょうか?

※現在の保障内容や5月2日以降の保障内容などに関しては直接保険会社にお問い合わせください。商品の詳細については客観的な情報ですので、個別の案件につきましてはお答えできませんのでご了承ください。

ファミリー向けの保険相談サイトランキングはコチラ

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ