明治安田生命、住友生命が15年度新卒を増やすと、あなたの会社の昼休みがなくなる!? | 現役FPたくやの日本一わかりやすい生命保険の選び方

明治安田生命、住友生命が15年度新卒を増やすと、あなたの会社の昼休みがなくなる!?

生命保険会社大手4社の2015年度の新卒採用計画が14日に出そろいました。 明治安田生命と住友生命の2社が14年度実績比で約2割拡大し、各社の内訳は日本生命は6%減の920人、第一生命は3%増の665人、明治安田生命は600人から720人、住友生命は418人から485人となっています。その中で、明治安田生命は720人のうち100人を職域営業を担う「特定市場営業職」に就かせ、住友生命も485人の約半数が職域営業などの営業専門の総合職に就くと言います。

あなたの生命保険に見直しが必要な7つの理由でもお伝えしましたが、生命保険の見直しが必要な人の特徴のひとつに”セールスレディから加入している”と言うものがあります。セールスレディから加入する保険の多くは「更新型」か「アカウント型」と呼ばれるタイプの保険で、更新ごとに保険料が上がってしまったり、60歳以降の保障が極端に少なくなってしまったりするのが主な特徴です。

話を戻しますと、職域などの営業社員が増えると言う事は、それだけ皆さんの会社に訪問するセールスレディが今以上に増えます。そうなると、昼休みに『ちょっとお話いいですか?』と保険の話に時間を取られるケースが増え、あなたの貴重な昼休みが少なくなる可能性があります。その結果、根負けして「更新型・アカウント型」の保険に加入してしまう人が増えると言う事です。ただし、セールスレディが所属している大手保険会社にも「更新型・アカウント型」以外の保険も存在します。例えば個人年金や学資保険、法人保険などはいいかもしれません。しかし、その他を見ると圧倒的に商品種類が少なく、また予定利率も低い商品がほとんどですので、他社と比較した場合には保険料で見劣りする事は否めません。

私たちFPは、出来れば最初から”自分にぴったりと合った保険を選んで欲しい”と思っています。しかし、なかなかそうではない現状があります。そして、来年以降そうした人たちが更に増える可能性があります。特に新社会人や独身女性などはターゲットにされやすいので気をつけないといけません。毎日昼休みに訪問されて、”根負けして保険加入”なんて事にはならないようにしましょう。そのためには自分を守るための知識が必要です。自分に保険は必要なのか?必要ならどれを選ぶべきか?今のうちに勉強しておきましょう。

⇒ 独身者向けの保険を検討するなら、独身者向けの保険相談サイトランキングで比較!
⇒ 女性が心配するカラダの保険などを検討するなら、女性向けランキングで比較!

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ