相続トラブルと公正証書遺言の必要性

亡くなった夫の預貯金が引き出せなくなる事を知っていますか?
今日はYahoo!ニュースのこの記事からです。

生前、夫の口座から生活費を引きだしたりしている人も多いと思います。しかし、夫が亡くなってしまうと、これまでのように夫の口座からお金を引き出す事が出来なくなってしまうんです。相続税の関係で相続人全員の署名が必要になるんです。
夫の親や祖父母、甥や姪にいたるまで必要であれば署名をもらいに行かなければなりません。もしかしたら、今まで一度も顔を合わせた事のない親族に事情を話して署名をもらう必要もあります。夫が亡くなって大変な時に、このような手続きをしなければならず、人によっては数か月かかる場合もありますので、なるべくならそのような事態は回避したいですよね。

そこで考える事は『公正証書遺言』です。
公正証書遺言があれば、いらぬトラブルに巻き込まれる事もありません。公正証書遺言は証人と公証役場で作成する事が出来、管理もしてくれます。
憶えておきたいのは、これは多額の資産を持っている人だけが必要なものではなく、「普通の家庭」にも当てはまるケースですので知識として持っておく事でトラブルが回避出来ます。みなさんも一度考えてみてはいかがでしょうか。

このサイトでも紹介していますが、FPの仕事は保険だけではなく、このように遺言や相続に関する事のアドバイスも含まれます。あなたのお悩みや心配事を解決してくれるようなFPを探して、ひとつひとつ解決していきましょう。

知識豊富なFPに出会うためのポイントはコチラ
→ FPたくやが潜入調査でFPを斬る!信頼出来るFPはココにいる!

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ