60歳以降の生命保険の見直しは必要? | 現役FPたくやの日本一わかりやすい生命保険の選び方

60歳以降の生命保険の見直しは必要?

みなさんは、60歳以降で生命保険は必要ないと思いますか?
60歳以降で生命保険の見直しが必要だと思いますか?

NEWSポストセブンでこのような記事を見つけました。この記事によるとFPの方は、
①生命保険は何の疑いもなく払い続けている
②60歳以降は病気などのリスクが高くなるが、それにともなって保険料も跳ね上がって負担が増す
③貯金として考えるには損が大きい
その結果、『だから保険は解約してしまっていい』と言っています。

私、FPたくや、ここでまた物申したいと思います。
まず①についてですが、最近の人も「バカ」ではありません。少なからず自身の保険に疑問を持ち、見直しに積極的になってきていますので、『何の疑いもなく』と言うのは言いすぎではないでしょうか。現に、私のところには毎日たくさんの人が相談に訪れています。

そして②については、もちろん高齢になれば病気やケガのリスクは高くなりますが、保障期間が一生涯のものなどを選んでいれば保険料は60歳以降で値上がる事ありません。値上がるとしたら、60歳で更新を迎える「更新型」や「アカウント型」の保険ではないでしょうか。また、新しくその年齢で保険に加入しようとすると保険料も「年相応」となります。

最後に③についてですが、生命保険には「貯蓄型」のものもあれば「掛け捨て型」のものもあります。医療保険などは掛け捨てで保険料を安くして、死亡保障も必要な期間・金額を掛け捨てで加入すれば保険料がそこまで高くなる事もありません。また払った以上にお金が貯まる保険もありますので、全ての保険を「もったいない」と言っているような文章は誤解を招きます。解約すべきでない「お宝保険」まで間違った誘導で解約してしまいそうで恐くてなりません。

保険の説明が出来ないFPのトピックスでもお伝えしましたが、本当に生命保険を理解している人は『実際に保険販売していた経験』があり、解決策を提示出来る人です。雑誌やネットでは一般的で浅い内容でしか発信する事ができません。実際にあなたの現状を踏まえたうえで判断し、解決策を提示出来るFPに相談して「解約か継続か」を検討しましょう。

初めての保険相談にはコチラを参考にしてみてください
⇒ 保険相談マニュアル ー失敗しないための予備知識と保険相談サイトチェックポイント3項目

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ