預貯金と生命保険の違い【まとめ】

貯金と生命保険の違いをご存じですか?
同じ金融商品ではありますが、この2つの違いをしっかりと理解する事で、効果的に預貯金が出来て、無駄なく保険を掛ける事が出来ます。

貯金は三角形、保険は四角形

よく「貯金は三角形、保険は四角形」と言われます。
例えば、AさんとBさんが同じ時期に、それぞれ預貯金と死亡保険1000万円を月々10,000円ずつ始めたとします。5年後にAさんBさんともに亡くなってしまった場合、残されたご家族はAさん家族の場合、それまでに積み立てた60万円+利息を、Bさんは保険金の1000万円を手にする事が出来ます。

このように、万が一死亡事故が起こった場合、預貯金は積み立てた期間分+利息しか戻ってこないのに対して、保険は保障期間中であればいつでも保険金額が受け取れると言う事から『三角形、四角形』と言われています。

金融機関の破たん、その後のフォロー

銀行、ゆうちょ銀行、信用金庫などが破たんしてしまった場合、預金保険制度により1人1金融機関に対して1000万円+利息分が保護されます(ペイオフ)。
これに対して、生命保険の場合は保険会社が破たんすると、生命保険契約者保護機構が破たんした保険会社の保険契約の移転の資金援助をしたり、保険金の支払いの補助を行ったりします。具体的には、破たんした保険会社の保険契約の責任準備金の90%までを補償します。

また、共済に関してはこのようなセイフティネットはありません。

お金の出し入れ(流動性)の違い

例えば普通預金の場合、急な冠婚葬祭があっても銀行窓口やATM、コンビニで簡単にお金を下ろす事が出来ます。しかし保険の場合は、掛け捨ての保険ですと元々お金は貯まっていませんし、貯蓄性のある保険の場合でも解約、減額、契約者貸付などの手続きを踏まなければお金を受け取る事が出来ません。
また、手続きに関しても書類のやりとりなどを含めると約1週間から2週間は時間がかかりますので、流動性は低いと言えます。

うまく使い分ける事が重要

このように、役割や流動性の違いなどがある事から、預貯金と保険をうまく使いこなす事が重要です。逆に言うとこの2つの使い方を間違えてしまうと、「貯まるものも貯まらない、万が一の時に大変」と言う結果になってしまいます。
家賃や食費などの生活費、緊急予備資金などは預貯金で、長期的な展望での資金は保険で、と言うようなイメージを持って検討してみましょう。

FPなどのお金のプロはこのようなお金の貯め方・使い方にも詳しい人がたくさんいますから、保険の相談ついでに聞いてみるといいでしょう。

家計の相談も出来るFPに保険相談するならこのランキングで!

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ