【答えはいつだってシンプル!】学資保険の選び方教えます!

久しぶりの投稿となります。
こんにちは、現役ファイナンシャルプランナーのFPたくやです。

最近、私のまわりでは“ベビーラッシュ”なんです。やっぱり赤ちゃんってカワイイですよね!もういてくれるだけで癒されちゃいます。

赤ちゃんが生まれたら、みんな誰しもが『学資保険の加入』を考えるのですが、果たしてどれだけの人がちゃんと学資保険について知っているんでしょうか。

学資保険と一言で言っても色んな種類があります。何を選ぶか、どうやって選ぶかは人それぞれです。

じゃあ、どうやって選べばいいの?答えはいつだってシンプルです

今日はその学資保険の選び方についてお話したいと思います。

学資保険の選び方

学資保険に加入する意味

そもそも、学資保険は何のために加入するのでしょうか?

答えはそう、『愛する子供のため』です。赤ちゃんが生まれると、愛する我が子のために、主に大学進学の資金のために学資保険への加入を検討します。

みんなのほけんゼミと言うサイトにもあるように、幼稚園から高校まで私立でいった場合、約1600万円の教育資金がかかると言うデータが出ています。

1600万円をコツコツ貯めるのは大変ですよね。だから、少しでもお金が貯まると言う意味で、学資保険に加入すると言うのが一般的です。

12436288584_94d6bc46d2_b.jpg
子供の教育費っていくらかかるんでしょうか?1000万円?2000万円?学校だけじゃなく塾にもかかりますよね?今のうちにいくらかかるのかイメージしておきましょう。

一番のポイントは『返戻率』

学資保険を検討する際の一番のポイントが、この『返戻率(ヘンレイリツ)』です。

返戻率とは、支払った保険料の合計と受け取れるお金の割合を表したもので、100%を超えていると「支払った保険料よりも受け取れるお金が多い」ことになり、100%を下回ると「損をしている」と言うことになります。

学資保険の第一の目的は『お金を貯める』と言うことですから、この返戻率の高い保険会社の学資保険を選ぶことが重要と言うことがわかりますね。

学資保険以外でお金を貯める

子供のためにお金を貯めるのに、何も学資保険じゃなきゃいけないと言うことはありません。要は『お金が貯まればいい』訳ですから、何を利用してもいいんです。

低解約型終身保険・定期保険を使う

学資保険ではないのですが、これもよく『学資保険替わり』として保険会社に提案される保険です。

低解約型終身保険や低解約型定期保険は、学資保険よりも短い期間(10年や15年)保険料を支払い、18年後に保険を解約してお金を受け取ると言う保険です。

これらの保険も大事なのは返戻率です。返戻率は学資保険に比べて少しだけ高いと言うイメージです。

学資保険は中学入学時や高校入学時に祝い金が受け取れるものが多いのに対して、低解約型の保険は解約するまでお金を受け取ることが出来ないのが違いです。

低解約型の保険のメリット・デメリット

低解約型の保険のメリットは、2つあります。

1つ目は、学資保険よりも若干返戻率がいいこと。お金を貯めると言う意味ではアリですよね。

2つ目は保険金が多く設定出来ることです。これはシステム的なことなので、ここでは詳しくお伝えしませんが、学資保険と比べて死亡保障が多く設定出来ると言うことがあります。

逆にデメリットも2つあります。

1つ目は、先ほども違いとしてお伝えしましたが、期間途中での祝い金がないと言うことです。子供の成長の節目節目に祝い金を受け取れないことを気にする人も多いので、ここは要チェックです。

2つ目は、途中で解約すると戻ってくるお金が非常に少ないと言う点です。『低解約型』と言う名前がその由来です。途中で“解約”をすると返戻率が“低い”、すなわち損をするよと言う意味なんです。

だから、この保険を学資保険替わりに検討する場合は、これらのデメリットも頭に入れておく必要があります。

定期預金や積立を利用する

定期預金や積立を利用している人も多いでしょう。定期預金や積立は『低金利だから殖えない!』と言うデメリットもありますが、何もしない人に比べれば全然いいです。また、緊急に資金が必要になった時には比較的簡単にお金を引き出すことが出来るのもメリットのひとつです。

これが保険を使っている場合、そう容易にはお金を引き出せません。減額するか、解約するか、契約者貸付をするかと言う特別な処理をしなければなりません。手続きも面倒ですし、手数料(金利)を取られる場合もありますから考えどこです。

まとめ

赤ちゃんが生まれて、バタバタしているときに学資保険を検討しなくちゃいけない。でも、我が子のためにお金を貯めると言うことが目的ですから、間違ったものは選びたくないですよね。

だから今回は、出来るだけ簡単に学資保険の選び方をまとめてみました。何回も言うようですが、目的はお金を貯めることです。と言うことは、新しくお金を積み立てることも大事なんですが、『今出ているお金(支出)』も見直すことで更に効果はあがりますよね。

一番簡単なのは保険の見直しです。次に家計の見直し(交際費や食費、夫の小遣いなど)となります。保険を見直すと月々数千円以上の余裕が生まれます。これってスゴイことですよ。

でも、保険の見直しをするには信頼出来るFPに相談することが重要です。なぜなら、信頼出来ないFPに当たってしまうと、間違った保険に加入させられたり、営業利益重視の保険に加入させられたりすることがあるからです。

以前、私が実際に潜入調査して点数をつけた保険相談サイトのランキングを下に載せておきますので、是非参考にしてみてください!FPの僕が実際に体験したから間違いなくおススメですよ^^/

12436288584_94d6bc46d2_b.jpg
保険のプロが実際に保険相談を受けた本当の理由 どうしてもプロ目線でお伝えしなければならなかった。 勿論、私自身の保険を見直したいと言う訳ではありません(苦笑)。 今まで様々な保険見直しサイトのクチコミや体験談を見てきましたが、そのほとんどが保険のプロの目線で語られているものではなく、保険相談サイトを選ぶために本当

最新の「完全指名型」の保険相談を予約するならコチラ!!

保険マンモス株式会社様/FPのチカラ指名相談プログラム

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ