独身の女性に生命保険は必要?それとも不要? | 現役FPたくやの日本一わかりやすい生命保険の選び方

独身の女性に生命保険は必要?それとも不要?

独身女性のみなさん、あなたに生命保険は必要ですか?
この質問に対しての回答はネット上や雑誌の色々なところで見ます。

  • 『独身女性には死亡保障は必要ない!もったいないから貯金に回そう!』
  • 『高額療養費や傷病手当金などの公的保障があるから、生命保険は必要ない!』
  • 『医療保険があれば良い!』
  • 実際はどうなのでしょうか?

    預貯金などの余裕資金はいくらありますか?

    預貯金などに余裕がある女性は医療保険は必要ないかもしれません。
    どれくらいが『余裕資金』なのかと言うと、100万円から200万円と言われています。もし病気やケガで長期の入院をした場合でも、高額療養費や健康保険の傷病手当金(会社員の場合)などでカバーをしても補えない部分を考えると、これくらいは余裕資金としてあれば良いでしょう。

    ただし、ここで注意しなければいけないのは、あくまでも余裕資金であると言う事です。
    全財産が100万円から200万円であれば終身の医療保険に加入る事をお勧めします。なぜなら、治療費などでなけなしの全財産を使ってしまった場合、その後の生活に支障が出るからです。仕事復帰した後の事も考えて、自分の資産を減らさないで済むように医療保険やがん保険でカバーしておきましょう。

    過大な死亡保障は必要ない、余裕があるなら貯蓄型の保険や個人年金を

    独身女性に過大な死亡保障は必要ありません。
    ここで言う死亡保障は主に定期保険のような掛け捨てタイプの死亡保障を指しています。もし予算的に余裕がある場合には、貯蓄性の高い終身保険や養老保険(外貨建てなど含む)、個人年金などを検討するのもひとつのアイデアです。

    ただし、注意も必要です。
    貯蓄性の高い保険で「お金を貯めよう」と考えている人は、“長期に渡って保険を継続する”と言う事を覚えておく必要があります。終身保険の隠れたリスクとはでもお伝えしていますが、途中で解約などをしてしまうと戻ってくる解約返戻金が、それまで支払った保険料総額を下回り『損をする』事に繋がります。

    特に女性は結婚をして、仕事を辞めて専業主婦になる人もいます。
    会社員だった時には払う事の出来た保険料でも、結婚したら支払いが難しくなるかもしれません。これらの事も考えながら保険に加入するかどうかを検討する必要があります。もし魅力的な商品があるなら、将来も続けられる金額で加入を検討しましょう。

    まだ生命保険に加入していない独身女性の方、保険には加入しているけど「この保険は自分に合っているのか」と疑問に思う方は是非一度、保険相談でFPに相談してみましょう。

    女性向け保険相談ランキングはコチラ

    コメントは受け付けていません。

    このページの先頭へ