今さら聞けない?自賠責保険ってなに?自動車保険の基礎

金融庁の発表で、自賠責保険の保険料が4月から平均で約13.5%引き上がるとの報道がありました。
一般的な2年契約で普通自動車は2,890円上がり2万7,840円。軽自動車は4,400円上がり2万6,370円となります。

ここで質問です。
「自賠責保険」ってどんな保険でしょうか?

損害保険会社で加入する自動車保険は「任意保険」と言われるもので、「自賠責保険」の上乗せ部分と考えられています。そして、自賠責保険は強制加入です。その名の通り、加入しなければいけないものなんです。
自賠責保険は、他人を交通事故でケガさせてしまったり、死亡させてしまったりした場合に相手方に支払われる保険金で、人身事故のみが対象です。人身事故が対象ですので、車や物がいくら壊れても対象にはなりません。補償内容は以下の通りです。

①死亡 3000万円
②ケガ 120万円

③後遺障害 程度に応じて75万円~4000万円

一般的に損害保険会社で加入する自動車保険(任意保険)は、自賠責保険で賄えない部分を補償するものですので、5000万円の損害賠償(人身死亡事故)の場合は、自賠責保険から3000万円、任意保険から2000万円という支払われ方になります。
では、もし自賠責保険に加入していなかった(保険が切れていた)場合はどうなるでしょうか。考えただけでも怖いことです。

任意保険は自賠責保険の上乗せですので、「本来、自賠責保険で支払われる3000万円」以外の2000万円は支払うということになります。ですが、自賠責保険には加入していません。この場合、自賠責保険で支払われるべき金額の3000万円は自腹を切って支払うということになります。
もし、その時に支払うお金が工面できなかった場合は、一旦、国土交通省が立て替えを行い被害者に支払います。そして、その金額は今度は、国土交通省から求償されることになるのです。現金がない場合には、土地や車など財産として考えられるものが差し押さえの対象になることもあります。事故を起こさなかった場合でも、以下のような重い罰則が罰せられます。

①1年以下の懲役、または50万円以下の罰金
②違反点数6点=免許停止処分

保険料の値上げはもちろん痛いわけですが、もし事故を起こしてしまったときの事を考えたら、しっかりと加入しておくことは大事なことですね。事故を起こさなくても罰則規定がありますから、是非ともこの機会に自動車の乗り方を家族みんなで考えてみてください。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ