女性の医療保険の選び方~切迫早産と帝王切開~

このトピックスでも何回か取り上げてきたテーマの一つですが、改めて「女性の医療保険の選び方」について考えてみたいと思います。

特に今回は、妊娠・出産に絞って考えてみます。

独身の女性は今後の妊娠・出産に備えて

98f7e37b1566908475830c69d6b600e7_s

まず、独身女性についてですが、特に結婚・妊娠・出産を控えている女性には医療保険は役に立ってくれる確率が高くなります。

なぜかと言うと、妊娠・出産の際に「思わぬ出費」をカバー出来て、しかも出産費用よりも受け取った給付金のほうが多く、育児に必要な費用の足しになったと喜ぶ女性が多いからです。

ここで簡単にまとめておきますが、妊娠・出産をする女性誰しもが医療保険でお金を受け取れるわけではありません。

普通分娩の場合、医療保険の支払い対象外となっています。また、かかる費用は健康保険の適用外でもありますので、実費が多く発生します。

しかし、出産には出産育児一時金(子供一人あたり42万円)が支給されますので、ほとんどの場合、普通分娩ではこのお金で足りる事になるでしょう。

切迫早産、帝王切開が増加していると言う事実

8847668a7f3828f3af1e3d4d8f1bf5f7_s

普通分娩では医療保険の給付金は対象外ですが、切迫早産や帝王切開は医療保険の支払い対象となります。切迫早産を理由に入院した場合には入院給付金を受け取る事が出来て、帝王切開の手術をした場合には手術給付金が受け取れます。

また、切迫早産と帝王切開はそれぞれ健康保険の適用となりますので、支払う医療費も3割負担となり、高額療養費の対象にもなります。

切迫早産とは、早産になりかかっている状態(一歩手前)を言います。子宮収縮が頻繁に起こり、子宮口が開き、赤ちゃんが出てきそうになってしまう状態を言います。

切迫早産の状態が軽い場合は投薬により子宮収縮を抑える治療をしますが、子宮口の状態が大きく開いてしまっている場合には、入院での点滴治療が必要になります。

通常、このような状態では出産まで入院するケースがほとんどです。妊娠しても仕事を続ける女性が多い事から、切迫早産となるケースが増えています。

出来る事なら、特に妊娠初期は安静に過ごす事が重要です。

帝王切開は、逆子や多胎妊娠(双子や三つ子など)の場合に行う事が多い出産術の一つです。

また、以前の出産が帝王切開の場合、子宮の傷口が伸びて薄くなっている場合が多く、無理をすると子宮破裂の恐れもある事から、帝王切開が選ばれる事があります。

2011年の統計では、日本で出産した人の19.2%の女性が帝王切開で出産をしています。これは約5人に1人の割合となり、過去20年間では約2倍と増えています。

ちなみに、WHO(世界保健機関)では母子の健康リスクを避ける目安として10~15%に抑えるよう示しています。

帝王切開が増えている大まかな原因として、両親がより安全に出産をしたいと言う希望と病院側の訴訟リスクの問題、更には多胎妊娠や前回の出産が帝王切開だった場合に、無理に普通分娩をしようとすると、安全配慮のために多くの人数のスタッフが必要になったり、それなりの環境が必要になります。

しかし、その環境が整った医療機関が少ないために、無理をせずに計画的に帝王切開をすると言うケースが増えているとの事です。

医療保険の給付金が出産後の生活に役立つケースも

60490fd4a3ae114b77ff7f8ec54c14ac_s

上の記事でもお伝えしましたが、切迫早産と帝王切開を経験する女性は年々増えてきています。

そして、その女性たちの中で、しっかりと医療保険に加入していた人たちは、その受け取った給付金で出産後に赤ちゃんにかかる費用を穴埋め出来たと言う声も多く聞く事が出来ます。

ある女性の例を挙げて見てみましょう。

その女性は妊娠7ヶ月で切迫早産となり入院をしました。そして、1ヶ月余り入院治療をした後、緊急で帝王切開により出産をしました。

以下がその時の費用と受け取った給付金の内訳です。

出産にかかった費用

帝王切開手術、入院費用合計・・・約58万円(健康保険、高額療養費適用後)

もらえたお金

出産育児一時金・・・42万円

入院給付金(医療保険Aから)・・・48万円(日額10,000円×48日)

手術給付金(医療保険Aから)・・・20万円

入院一時金(医療保険Bから)・・・10万円

受け取り合計:120万円

差額:+62万円

この女性は、差額の62万をチャイルドシートやベビーカー、子供の洋服やオムツ代、出産祝いの内祝いなど、あらゆるものに使えて大満足だったようです。

そして、余ったお金は子供のために貯金が出来たそうです。

この女性のケースは、あくまで一例ですが、もし医療保険に加入していなかったら、このような満足のいく結果にはならなかったでしょう。

現役FPである私が教える得する医療保険の加入の仕方とは?

ただし、やみくもに医療保険に加入すればいいと言うものでもありませんよね。

間違った保険の加入の仕方をしてしまえば、せっかくの保険料が無駄に終わってしまうかもしれません。大切なのは、自分の生活や環境、経済状況に見合った保険に加入する事です。

自分で探して難しいようでしたら、一度保険のプロに相談してみましょう。

そこで、現役FPである私がお勧めするのは『FPのチカラ』です。

『FPのチカラ』とは、保険相談大手の保険マンモスが新しくスタートさせた保険相談のシステムで主な特徴は以下の4つです。

  • 自分の住んでいる地域や年齢、家族構成を入力すると、条件に合ったFPのリストが出てくる
  • FPの顔写真、経歴、クチコミなどを比較して自分好みのFPを選ぶことができる
  • もちろん相談料は無料で、相談したからと言って必ず保険に加入しないといけないと言うことはない
  • もちろん「しつこい営業」も一切ない

あなた自身が事前に相談したいFPを選ぶことができますので、「相談してみたけど、会ってみたら自分に合わなかった」などと言う残念なケースは限りなく少なくなるでしょう。

『FPのチカラ』についてもっと詳しく知りたい方は、以下の公式サイトで内容をご確認ください。

あなたなもう体験しましたか?
相談料無料!好きなFPを選べる!
『FPのチカラ』公式サイトはコチラ!

『FPのチカラ』についてもっと詳しく知りたい人はコチラを参考にしてみてください。

参考➡生命保険の見直しでおすすめの『FPのチカラ』、そのポイントと実際の予約方法のまとめ。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ